花火ができるまで

玉込め

断面図「玉皮」と呼ばれるボール紙のようなもので作られた半円の中に「星」と呼ばれる火薬の粒と、「割薬」という玉を開花させるための火薬をつめる。
そして、皮に星と割薬を詰める作業だが、こちらも星を均一の大きさに作るのと同様に人の手作業によって玉皮に沿って星を寸分の隙間なく詰め、その上に和紙を敷いて割薬をつめる。星の配列によって開いたときの花火の形が決まるので重要な作業になる。

両手に玉 同じ物を二つ作り、両手に持ってその二つを真ん丸になるように合わせる。この時に合わせ目が馴染むように木づちで静かに叩いて均一にならし、テープで貼りしっかりと止める。

戻る 次へ



Page Top
ABOUT
花火ができるまで/打ち揚げ花火ができるまで/玉貼り花火ができるまで/玉込め花火ができるまで/星掛け花火ができるまで/配合FLASH plugin問い合わせHP制作者著作権についてスタッフ会社概要English求人募集花火大会スケジュール商品・打揚依頼花火の種類花火ができるまでHOME